FC2ブログ

アラブでお菓子のハナシ、ゴハンの時間

シリアから始まったアラブ菓子・料理研究。現在エジプトで活動中。

ホンモス

アラブや中東地域で広く食べられているホンモス。
RIMG5718_convert_20110124022549.jpg

茹でたヒヨコマメをピューレにし、タヒーナ(練りゴマ)などを混ぜて作られます。
豆の粒々が残っていない完全なペーストで、飽きのこない素朴な味なので、ホブズにつけて、いくらでも食べられます。
最近では欧米などでベジタリアンにも好まれているようで、ハンモス、フムスなどと呼ばれているようですね。

ホンモスとはアラビア語でヒヨコマメそのものを指しますが、レストランなどで単にホンモスと言えば、通常このピューレ状の物が出てきます。
専門店などで特に呼び分けたい場合は、ムサッバハと呼ばれます。

街にはホンモスの他に、茹でたヒヨコマメ、ファッテ、フール(茹でソラマメ)などを扱う専門店があり、大抵の人はそこでホンモスを購入しているようで、家庭で手づくりされる事は稀です。
また、簡単ないすとテーブルを置いて、店内でも食べられるようにしてある店もあり、昼食時にはホンモスとホブズの簡単な食事をするシリア人でいっぱいになります。

ホンモスは皿に土手を作るように平らに盛られ、オリーブオイルをまわしかける、というのが一番シンプルな食べ方ですが、クミンやディルなどを混ぜ込んだり、ざくろシロップをかけたり、店によって少しずつ異なります。
また、ミンチ又は小さ目の肉の角切りをカリカリに炒めた物をのせた豪華版も。
RIMG5229_convert_20110124022511.jpgホンモスビッラハム

栄養満点で、腹持ちもいいホンモスは、シリアの朝食には欠かせません。
 ↓ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村


スポンサーサイト