FC2ブログ

アラブでお菓子のハナシ、ゴハンの時間

シリアから始まったアラブ菓子・料理研究。現在エジプトで活動中。

キシュク

ブルグルとヨーグルトを発酵させて乾燥させ、粉末状にしたキシュク。
RIMG5626_convert_20110114232548.jpg
見た目は小麦粉とほとんど同じです。

主にスープにして食べられます。
簡単な作り方は玉ねぎ、にんにくのみじん切りを油で炒め、キシュクを加え、焦がさないように10分ぐらい炒めます。水を加えてトロミが出るまで弱火で加熱したら出来上がりです。塩で味を調えましょう。
好みでミンチや小さく切ったジャガイモを加えても美味しいです。

一見クリームシチューのようですが、原料にヨーグルトが使われている為か、ほんのり酸味を感じます。

このキシュクスープは冬の料理で、レバノンの田舎では10月の天気がよい日に近所の主婦たちが集まり、数日間かけてこのキシュクを仕込むそうです。

スポンサーサイト