FC2ブログ

アラブでお菓子のハナシ、ゴハンの時間

シリアから始まったアラブ菓子・料理研究。現在エジプトで活動中。

バッルーリーヤ

水晶という言葉が語源のお菓子、バッルーリーヤ。
場瑠璃ーや
水溶き小麦粉を細くたらしながら焼いた素材<クナーファ>でピスタチオをはさみ、色がつかない程度にオーブンで焼き、花水風味のシロップをしみ込ませた香り高いお菓子です。
また、使われるナッツはピスタチオのみと決まっているようです。

お店によっては、クナーファが色づくまで焼いたものも置いてある事があり、こちらも同様にバッルーリーヤと呼ばれています。

白い方はしっとり、きつね色の方はざっくり、どちら魅力的なお菓子です。
スポンサーサイト