FC2ブログ

アラブでお菓子のハナシ、ゴハンの時間

シリアから始まったアラブ菓子・料理研究。現在エジプトで活動中。

"マハシー" の検索結果

ラマダーンあれこれ2

155724_720436344679804_8681664675589957572_n.jpg
ラマダーンのお楽しみと言えば、何といっても日没後の食事“イフタール”ではないでしょうか。のどの渇きを冷たい水やジュースで潤して待ちに待った食事に入ります。
ラマダーン中の約一か月間、毎晩豪華な食事でパーティーのような日々が続く、などとよく言われますが、実際はどうなのでしょう。
数人の友人知人に聞いたところ、みんな口を揃えて「絶対そんなことはない!」とのこと。確かにラマダーン中は普段より来客が増えるし、当然そういう日はたくさん料理を作るけど、家族だけのときは、いつもと変わらない食事をするそう。
友人A「昨日は、まとめて作っておいたブサーラ(ソラマメとハーブのペースト)とパンとサラダで、特に料理はしてないよ」
友人B「ラマダーン中は毎日料理するけど、お客さんが来ない日は普段と同じだよ。ちょっと大目に作るぐらいかな。でもお菓子や飲み物はいつもより沢山買ってあるよ」
友人C「昨日はモロヘイヤとえーっと、前の日残りのチキンだったかな。クナーファカターイフも食べたよ」
などと、各家庭いろいろですが、夜な夜なパーティーは誇大妄想のようです。

写真上:友人宅のイフタール。お昼すぎから一緒にお手伝いさせてもらいました。コフタ(細長いハンバーグ)、フライドチキン、マハシー、ナスのベシャメルソース、ナッツ入りごはん、コールスロー、揚げナスのサラダ。

10401430_720436368013135_2413990215152306977_n.jpg
“ホシャーフ”という、アプリコットジュース(水)にドライフルーツとナッツを入れた飲み物。ラマダーン月の定番。
※2014年7月5日にフェイスブックページに投稿した記事の転載です。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村

ぶどうの葉

アラブ、中東地域でよく使われる食材にぶどうの葉があります。
マハシー
DSC02400.jpg
硬いので生で食べることはありませが、茹でた葉は酸味が強く、独特な風味があります。

初夏には生の葉が出回り、この時期に各家庭で大量に茹でて塩水や酢水に浸けて保存をしておきます。
もちろん、茹でられた物は年中売られており、冷凍された物、瓶詰めされた物も簡単に手に入ります。
DSC02057.jpg

アラブ料理でぶどうの葉を使った料理と言えばワラカイナブですが、近隣の地域ではバリエーションが豊富なよう。

DSC02355.jpg
こちらはアルメニアのレシピから。
鶏肉と一緒に煮込んだ料理。


DSC02431.jpg
こちらはギリシャから。
ヒメジに巻いてオーブンでローストしました。
煮込む料理より、独特の酸味を感じませんが、魚がパサつかず、しっとり焼き上がります。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村

マハシー その2

マハシーについては以前ご紹介しましたが、エジプトとシリアで異なる点がいくつかあることに気が付いたので、再度ご紹介します。
マハシー
ワラカイナブ

DSC00464 2エジプト人のお宅でいただいたマハシー

エジプトのマハシーは一般的に、米やトマト、ハーブなどを野菜に詰め、または巻き、鶏を茹でて取ったスープで煮込みます。
だしに使った鶏肉は表面をこんがりと焼かれ、マハシーと共に食卓に並べられます。
使用する野菜は、ブドウの葉、キャベツ、ナス、ズッキーニ、ピーマンなど、シリアとさほど変わりませんが、白いナスを使用するのはシリアでは見られませんでした。
キャベツのマハシー(マハシークルンブ)はシリアでももちろん作られますが、エジプトでの方がより好まれているよう。
キャベツの下茹での際にお湯にクミン加えるのがポイントと教わりました。
又、キャベツよりも軽い食感になるレタスもよく用いられれます。


サムネを少々加えて炊き込んだり、鶏から出る脂が冷えると固まってしまうためか、冷やして食べることはないよう。
ディルの香りがふわっと香り、鶏のだしがしみ込んだ優しい味と言う印象です。


一方シリアのマハシーは、葉物で巻いたマハシー、特にワラカイナブは温冷両方で食べられます。
冷たくして食べる方は、ヤランジと呼ばれ、米やトマト、ハーブなどの具を使い、水と少量のオリーブオイルで煮込み、レモン汁を多めに入れて、酸味をきかせるのがポイント。
つまり、動物性の材料は使いません。
温かくして食べる場合ヤブラクと呼ばれ、具にミンチを入れたり、鍋底に骨付き肉などを敷き、一緒に煮ます。
別にとっておいたスープで煮るよりは、水で煮る方が多いようです。

ナス、ズッキーニなどのマハシーの場合はトマトベースのスープで煮たり、特にズッキーニのマハシーはヨーグルトで煮込むことも。別名シェイフマハシー。
※レバノンではナスに切り込みを入れ、ひき肉を挟んで焼いたものをシェイフマハシーと呼ぶことがあります。

広い地域で食べられているマハシー。
いろいろ食べ比べて、好みの味を見つけるのも楽しいですね。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村

<アラブ料理を食べる会>終了しました

今回はアラブ、中東で定番の煮込み料理、マハシーでした。

参加していただいた皆様、お疲れ様でした!

今回はエジプトに滞在されていた方や、イランを訪れたことがある方などにご参加いただき、各国の料理の話で盛り上りました。
日本から見れば、アラブ、中東、と、ひとくくりですが、やはりそれぞれ少しづつ違いがあり、大変興味深いです。
特に、イランは未だに未知の世界なので、<アラブ>ではないものの、気になりますね。
参加者の方がイラン滞在中に食べたという、ザアタルをまぶした巨大肉団子、どんな料理なんでしょう?

食後はカルダモンがほんのり香るトルココーヒーとお菓子。
RIMG8032_convert_20120526221051.jpg
左から時計回りに、アジュウェスィワールセッタバラーゼックアサービウブカジュ

出来立てのアラブ菓子を食べる機会はなかなかないので、こちらも喜んでいただけました!

皆様、本当にありがとうございました。


★おまけ★
マハシーの試作期間中、お弁当にもしていました。
RIMG8015_convert_20120526223106.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村




イベント<アラブ料理を食べる会>参加者募集

日時   2012年5月26日(土) 13時30分~16時30分
場所   東京都新宿区 榎町地域センター調理室  http://www2.odn.ne.jp/~hak91920/
会費   3,000円
メニュー マハシー    
     サラダ
     ホブズ
定員   6名
RIMG8000_convert_20120507213715.jpg

食べるだけの参加OK!調理段階からの参加も大歓迎です!
<アラブ料理>というキーワードでお集まり頂いた方たちと、いろいろお話ができたらなと思っています。


当日調理するのは、上記のメニューだけですが、シリアから持ち帰ったお茶や、手作りアラブ菓子なども用意する予定です。

参加ご希望の方は、記事一番下のコメント欄より
参加人数
参加者全員のお名前
メールアドレス
を5月24日までにご連絡ください。
なお、必ず<非公開コメント>にチェックを入れてください。
参加希望者多数の場合は抽選とさせていただきます。

※5月7日現在、メールフォームからいただいたメッセージが一部こちらで受信できていないようです。
 ご質問などもコメント欄よりお願いいたします。



にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村
FC2 Management