FC2ブログ

アラブでお菓子のハナシ、ゴハンの時間

シリアから始まったアラブ菓子・料理研究。現在エジプトで活動中。

カルカデ

鮮やかなレッドが美しいカルカデ。
アラビア語で、ハイビスカスを意味します。
RIMG6626_convert_20120127003559.jpg
シリアのスーク(市場)では、ありとあらゆるハーブやスパイスが山のように積まれて売られていますが、その中でも一際目立つのがカルカデです。

日本でもハイビスカスティーはよく目にしますが、こちらでは煮出して飲むので、色も味もかなり濃いです。
ストレートでもよいですが、砂糖を少し加えると、酸味が和らぎ、飲みやすくなります。
熱くして飲むのもよし、真夏には冷やしてゴクゴクと飲むのもおすすめです。
R0018533_convert_20120127004009.jpg

シリアでは喫茶店でカルカデを出すところは稀ですが、エジプトはカイロでは、庶民的なお茶屋さんに置いてありました。ただし、すごい量の砂糖が入っていることが多く、<ハイビスカスジュース>と言った方がしっくりきます。
スポンサーサイト