FC2ブログ

アラブでお菓子のハナシ、ゴハンの時間

シリアから始まったアラブ菓子・料理研究。現在エジプトで活動中。

2011年06月の記事

ムタッバル

なすとゴマペーストのディップ、ムタッバル。
アラブの薄焼きパン、ホブズですくって食べるのはもちろん、薄くスライスし、カリっと焼いたバゲットにも合います。
RIMG6668_convert_20110622232259.jpg

<作りやすい分量>
なす     500g
タヒーナ   大さじ2
ヨーグルト  大さじ2
にんにく   1かけ
レモン汁   大さじ1

オリーブオイル

<作り方>
1  ガスコンロの焼き網を置き、焼きなすの要領でなすを直火で焼く。
2  なすがやわらかくなり、皮が焦げてきたら、流水にさらしながら皮をむく。
3  なすがピューレ状になるまで包丁でたたく。
4  にんにくの皮をむき、塩一つまみをまぶしてピューレ状になるまですりつぶす。
5  材料全部をよく混ぜ合わせ、塩で味を調える。
6  皿に盛り、オリーブオイルをまわしかける。

※  なすはできるだけ大きい物を選びましょう。シリアのなすは日本の物よりも大きく、皮が厚いです。
RIMG6662_convert_20110622232419.jpgひとつで500g近くあります
※  ②で水に浸けすぎると仕上がりが水っぽくなります。皮をむき終えたら、なすを軽く絞るとよいです。
※  ③ではフードプロセッサーを使用してもよいです。
※  分量は目安です。特にタヒーナによって味が大きく変わりますので、お好みで調整してください。
スポンサーサイト